トランクルームを探し始めると、この青とオレンジの建物が目にとまる人も多いのではないでしょうか。

この見た目にも印象的な「ハローストレージ」は一体どんなトランクルームなのでしょうか。

ハローストレージを利用するメリットをまとめてみました。

ハローストレージの特長

ハローストレージは全国に1,600件以上、部屋数でいうと83,000室以上を運営する業界NO.1の数を誇るトランクルームです。

他のトランクルームと決定的に違うのが、トランクルーム会社で唯一の一部上場企業(東証マザーズ)であること。

これによるメリットは3つあります。

トランクルームの全ての種類が揃っている

トランクルームと呼ばれるものは3種類ありますが、ハローストレージは、その全ての形態を扱っています。

つまり、屋内型でも屋外型でも、さらにはバイク専用の物件でもハローストレージで検索すればヒットするということ。

もっと言えば、物件数NO.1なので東京や大阪などの都市部はもちろん、郊外や地方などでトランクルームを借りたい方でも近くのトランクルームを探すことができるのが強みです。

キャンペーンが充実

一部上場企業という資金力は「値引き」という面で非常に強さを発揮します。

とくにハローストレージでは全物件の約7割で常時キャンペーンが開催されています。

ちなみに私が調査した時点では、1,672物件のうち1,228物件で6ヶ月の月額料半額や初期費用0円のキャンペーンが実施されていました。

契約から解約までが簡単

大手ならでは強みとして、決済システムが整っていることもあり、WEB契約なら最短でトランクルームのカギが自宅に届くまで2日という早さ。

解約も前月に電話かウェブページから解約申請を行うことができ、解約費用も発生せず、現地での立会も必要なくスムーズに狩猟することができます。

ハローストレージの料金

ハローストレージを利用する際に必要となる料金をまとめるとこのようになります。

初期費用(契約時の料金)

◆賃料:当月と翌月までの月額費用(当月は日割り計算)

◆管理費:2,160円×2ヶ月分(当月と翌月分)

◆事務手数料:月額費用の1ヶ月分

◆鍵代:屋内型2,940円・屋外型4,320円(物件によっては不要のところもあり)

◆セキュリティ登録料:屋内型のみ1,080円

◆あんしん保証パック(任意加入):540円

ハローストレージでは上記の初期費用が必要となります。

大体の目安になりますが、借りるトランクルームの月額費用の3.5ヶ月分が初期費用になると考えておけばよいでしょう。

毎月かかる費用

◆賃料:月額使用料

◆あんしん保証パック(任意加入):毎月540円

ハローストレージにはあんしん保証パックという任意加入の保証サービスがあります。

具体的には、緊急時に必要となる、この9つの料金が無料になるという保証サービスです。

強制加入ではないですが、年間で6,480円の保険と考えれば万が一に備えて初年度は加入したほうが良いと個人的には感じています。

まとめ

このようにハローストレージは、業界でもトップクラスの上場企業のトランクルーム会社なのでサービスの恩恵が様々受けられます。

とくに料金面では同じ地域、同じ広さでも他に安いトランクルームは探せばありますが、キャンペーンなど適用した場合にはトータル的にはハローストレージに軍配が上がるのが強みです。

トランクルームを初めて借りるという方であれば、まずはハローストレージを軸に探していくのが個人的にオススメします。


物件数NO.1のハローストレージ