↑↑↑
この緑と黄色のコンテナが印象的なスペースプラス。

他のトランクルームと比べてどんな特長があるのかをここではまとめました。

スペースプラスとは

2000年からスタートしたスペースプラス。

他社と比べるとスタート時期はやや遅いこともあり、2018年9月調べで物件数は320件以上と少なめです。

また、全国展開ながら関東1都3県に125件、近畿2府4県に68件と全体の6割が東京、大阪周辺に集中しているのが特長です。

ちなみに、設置件数が0の地域は以下になっています。

【スペースプラスの物件がない県】

北海道
青森県
岩手県
秋田県
富山県
石川県
福井県
鳥取県
愛媛県
佐賀県
長崎県
熊本県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

ただ、現在も毎月のように新しいトランクルームがオープンしているので、現在は未設置の地域も件数が増えてくることが予想されます。

特長としては、ハローストレージ加瀬のトランクルームと同様に屋内型のトランクルームと屋外型のコンテナトランク両方を扱っているトランクルーム会社となっています。

それぞれのタイプの特徴について詳しく見ていきましょう。

スペースプラス:屋内型トランクルームの特徴

スペースプラスの屋内型トランクルームはビルのワンフロアをパーテーションで区切ったタイプになります。

セキュリティ会社による24時間監視体制は他社のトランクルームと同様なので基本的な安心・安全面はカバーしています。

やや鍵が簡素なタイプなのが個人的には少し気になる点ではあります。

空調設備は完備となっていますが、24時間換気のところもあれば、各部屋に換気扇が設置してある(手動で動かす必要がある)など物件によって異なるため、借りる際は事前に見学することをおすすめします。

スペースプラス:屋外型のコンテナトランク

スペースプラスのコンテナトランクは、車で走っていても黄色と緑が目に飛び込んでくるコンテナが印象です。

この配色は他のトランクルームに比べると防犯の役目にもなっているので、理にかなっていると言えます。

それ以上にポイントが高いのが、コンテナの内部。

ご覧のようにウッド調で統一されていて、屋外コンテナとしては非常にキレイな作りになっています。

また、全室に通気口がついているので、外気温と比べて±5℃の温度を保つことができます。

これは屋外トランクルームにとって最大のメリットで、特に夏の気温変化で劣化してしまいやすい物でも保管しておくことができるのは大きなポイントとなります。

押さえておきたいスペースプラスの解約条件

スペースプラスの契約条件で気をつけておきたいポイントは解約時の手数料です。

解約する際は、クリーニング料と鍵付け替え料として必ず5,000円が必要になります。

解約時に手数料が必要なトランクルーム会社は珍しいため注意が必要です。

ただし、3ヶ月以内の短期利用の場合は所定の契約書を提出すれば解約手数料は発生しません。

そのため、予め短期間の利用を目的としている場合は、その旨申し出て契約をするようにしましょう。

まとめ

個人的にスペースプラスは屋外コンテナが他社と比べて綺麗で温度管理が出来るためオススメです。

月額費用も平均よりもやや安めに設定しているので、借りたい地域にある場合は一度見学してみてはいかがでしょうか。




スペースプラスの物件検索はコチラ